大分・熊本旅行その3

今回選んだ宿は和の宿狭霧亭です。
古い民家の佇まい。隠れ家的でゆったりと過ごせそうな感じでした。
客室の数は大してありませんが、なんといっても各部屋に内風呂が付いているところが魅力的。
そして、休憩場には無料のビールサーバーと温泉玉子があり飲み放題の食べ放題。
私達は夕食が控えていたので、ビール1杯と玉子1個を部屋に持ち帰りました。

立派な藁葺き屋根。お食事はそこで頂きます。
画像

客室へと続く道。日本らしさが出ている庭園。
画像


先ほど話したビールサーバーや温泉玉子がある休憩所です。
画像

画像

ビールサーバーを自分で使うのは初めてです。
画像

画像

アジサイが綺麗に咲いていました。和ませてくれますね。
画像

画像


客室は6畳と3畳の二間続きで檜をあしらった内風呂付。
こういう部屋に泊まるのは初めてなので、とても贅沢な気分になりますね。
宿の人から部屋の説明を受けた後お茶とお手製のデザートが用意されました。
夕食までは時間があるので、部屋でのんびりしたり湯船に浸かって疲れを取ったりしていました。
デザートは、イチゴのムースだそうです。
画像

それと無料サービスのビールと温泉玉子。
画像

お湯は自分達で入れるようになっていました。湯船は足が伸ばせる広さです。
画像

こちらは露天風呂(女湯)。24時間いつでも楽しめるそうです。
内風呂で満足して露天風呂には入りませんでした(^^;
画像


いよいよ夕食タイム。部屋食ではなくお食事処へ行って頂きます。
料理内容は豊後牛のステーキと地鶏鍋をメインに旬の食材を使った会席でした。
とにかくボリュームたっぷりで食べきれなかったよ~ゴメンナサイ(T T)
お品書きつきで内容が分かりやすかったです。
画像

食前酒は梅酒でした。
画像

先付けは川海苔豆腐。海苔の風味がほんのり出ていました。
画像

画像

小鉢は磯貝オクラ和え。
画像

前菜は季節の盛り合わせ。どれも一品一品丁寧に作られています。
画像

酢物は鱧の湯引き。鱧はちょっと苦手ですが、丁寧に骨切りされ食べやすかったです。
画像

造里は間八と鰻(白焼き)。
画像

焼物は鮎の塩焼き。いや~鮎の塩焼き久しぶり!!これも苦手・・・。
骨が多いのと内臓の苦みが(^^;でも(意外と)食べられました。
画像

蒸物はばれいしょ饅頭。ばれいしょ饅頭は???二人には今ひとつの評価。
画像

メインの豊後牛のステーキです。
豊後牛の食べ方はいろいろあって塩だったり柚子胡椒だったり特製ステーキソースだったり。
相棒は塩が一番!!と話していました。柚子胡椒をつけても美味しかったですよ。
画像

地鶏鍋です。地鶏は肉質がしっかりしていました(噛み疲れ)。
画像

水物はカシスアイス。お腹いっぱいでもデザートは別腹ですね(^^)
画像


別注文した純米酒です。こちらはオリジナルのお酒。
撮り忘れていましたがご飯は湯布院米。香の物もついていました。

画像

あぁ~美味しかった。大満足の夕食でした。
その日に宿泊していたお客のほとんどが私達と同じ内容の夕食でした。
豊後牛と地鶏の炭火焼きを食べているお客もいました。この時、お食事処は煙りが充満。
換気扇を回しても間に合わないほどでした。そこがちょっとマイナスかな。
部屋に戻ると布団が敷いてあり嬉しいサービスもありました。
それは・・・お夜食のおにぎりです。
画像

枕元の照明がとても幻想的。部屋の照明には竹細工で出来たシェードがついていました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0